材料は3号培養剤を使います。

要約すると700ccの3号(種菌)に3号培養剤)を6cc〜10cc入れて水を入れ合計2リットルにする事です。
基本:EM3号はトータル量の1/3
 :3号培養剤はトータル量の0.3〜0.5%
EM1号は少々空気(空間)が必要でしたが、EM3号は必要ありませんので密封します(空気を抜いて)そして太陽にガンガン当てて下さい。
★右写真は空気(ガス)が発生しておりますがEM1号の培養写真です。実際はガスは発生いたしません。
もしガスが発生するとしたら、EM1号の容器を使用した場合、乳酸菌が餌によって増えたと考えられます。
容器を変える方法も一つです。
●太陽に当てる時間が無ければ、蛍光灯の光でも充分に対応可能です。
光合成菌の培養速度はとても遅く時間がかかります(約15日〜25日かかります) 出来上がりの判断基準は3号と同じような赤い色です

★上手くいくと何度も培養できます。(雑菌が入らないように密閉し、太陽にガンガン当てる事がポイントですが、太陽が無理なら蛍光灯でも可能です)
●容器は金魚の水槽でも可能です。

その場合はサランラップを用意して表面を覆います。
熱源は金魚用のヒーターで暖め、窓際に置いて太陽をあてたり蛍光灯に当てて日照させます。

安定的に絶対できる方法もあります「価格は少々高いですが確実にできます」


トップに戻る
 〒024-0063 岩手県北上市九年橋3丁目14-20[地 図]
        電話0197-61-3344   FAX0197-61-3345
      代表取締役 川邉公雄 (かわべきみお)090-7930-7006
  メールアドレス emx@emx.jp  HP http://emx.jp
本文へジャンプ

EM3号の増やし方(少々手間がかかりますが慣れれば簡単です)